裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

ヒレ肉テロ いまだ発覚せず

 

昨日、居酒屋厨房バイトしてるとき。エレベーターの隙間に、牛ヒレ肉を落としました。

 

限りなく黒に近いブルーな気分で、バイトに向かった今朝。到着してすぐ、キッチン男子のルドルフ(推定34歳)に、報告。

 

「牛ヒレを落としました…。昨日、エレベーター調子悪くなかったですか」

「えええっ!いや、大丈夫だったけど、肉が落ちてるなら、悲惨なことになってるね」

 

ってことで、二人して地下のエレベーターに見に行ったのですが。

結論から言うとですね、ヒレ肉らしきものは見当たらなかったのです! 

 エレベーターも故障してなかったし、とりあえず、一件落着。あー良かった!

と思いたいけど…。確かに、「ゴンっ!」って音がしたんだよねぇ。どこ消えちゃったんだろう。絶対、内部のどこかで、今この瞬間もゆっくりと腐敗しているはず…。いつか大惨事となって発覚するのでは。もう、テロに近いです、こうなると。

 

でも、さ。「あれって、なんだったんだろ?」ってこと、日常でも、普通にあるよね。自動改札がピーピー鳴ったけど、原因よくわかんない。とか。ここにボールペン置いとくんだけど、よく行方不明になる。とか。洗濯物をたたんでて、靴下が片方ない、とか。

そういう類のことだったのかなー。

 つっても、大事な食材が行方不明になったのは間違いないので…。やっぱり、反省ッス。しょぼーん。

 

今日は、憧れの料理長(色白で華奢)がお休みだったのが救い。

バレたくない! こんな失敗。ルドルフが内緒にしててくれますように。

 

明日も頑張りまーす。おー!