読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、お邪魔だった。でもスモーク頑張ります。

 

今日も冷えますね。

手のひらにやけどをした富士子(45歳)です。

 

バイト先の居酒屋さんの厨房で、スモークチップを使ってます。

豚ばら肉の串を、スモークチップで燻すのが、あたしの仕事のひとつ。

 

この作業ね、ほんっと、てこずるのよ!

 

・ばら肉をカットして串状に整える。← よく切れない

・網に乗せておく ← 向きとかあるから注意

・スモークチップを棚から出す ← 届かない。こっそりレンジ台を踏み台にする

・フライパンでスモークチップを燻す ← ガスの火力が強くてマジ怖い 

・煙が出てきたら、バラ肉串が乗った網をのせる ← 熱い

・ふたをしてタイマー3分セット ← 油で指が滑ってボタンが押しづらい

・ピピピピッ!と鳴ったら、串を裏返してまた3分 ← 超熱い、超煙い

・またピピピが鳴ったら火を止めて取り皿にとる ← 熱い、油で滑って落としそう

・フライパンを洗う ← 熱すぎて、水につけると異常な爆音と煙

 

ふー。

どの段階でも気が抜けないという、非常に緊張度の高いミッション。

ミスを防ぐべく、次の作業を、いちいち確認しながら進めます。

が、これが、端から聞いてると、うっとおしい独り言みたいなの。

 

「フライパン…と」 ← フライパンを下ろす間、アントニオは包丁持ったままフリーズ

「網を出す、と」 ← ルドルフ先輩(38歳)が道をあけてくれる

「次はチャッカマン、と」 ← 大久保くん(仮名)が出してくれる

 

ミス防止の声出し確認のつもりが、キッチン男子に指示出しになっちゃっててね。

最近は、できるだけ、心の中で言うようにしてる。

 

それでも、仕込中の多忙な厨房では、あたしは相当お邪魔らしくてね。

料理長(かっこいい)に、「もっと空いている時間帯に済ませて下さい」って言われちゃった。「富士子さん、始める時間がいつも遅すぎます」だって。

あらー。全然気がつかなかった…。だって、早い時間は別のフロアで串の補充してるんだもん…。って、言い訳です。ううう、ごめんなさい。そんなに迷惑だったなんて気がついていませんでした。

 

そもそも。

ガス台周辺は、料理長(かっこいい)の作業スペースだったりするので、あたしの右往左往に、他のキッチン男子たちもうっすらと緊張してたらしい。

(り、料理長の邪魔してるよ、おばちゃんが!)

という、沈黙の大合唱が、毎回鳴り響いていたらしい。

 

空いている時間、っていうのは、料理長(かっこいい)が冷蔵庫に食材チェキに行っている時間帯のことです。デザート担当男子も、その間に湯煎などを済ませていたらしいのです。料理長や先輩方の迷惑にならないように。

 

いやあ…。

本当に、ごめんなさい。

まったく気がついていなかったです、自分のことで頭がいっぱいで。

 

そんなことがあってから、余計、緊張度がUPしたスモーク作業。

 

昨日は、とうとう、フライパンを熱しすぎて、右手を火傷しました。

鍋つかみを使ってたのに!

鍋つかみの、織りの模様どおりに、火傷跡になったのよ。

しかもね、火傷って赤くなるのかと思ってたら、茶色になってた。

もうね、これ焦げ目よ。右手に、焦げ目ができてるの。美味しそうなくらいよ。

ルドルフ先輩(38歳)には、「ガスの火が強すぎるからです」って怒られたわ…。

 

 

あたしが、そんな思いをして毎回作ってる「ばら肉串のスモーク」ですが。

これね、本当に超美味しい!

ばら肉のジューシーな油に、香ばしい匂いがしみこんで、がぶっと齧るとのどの奥に香りが広がるの。これがあると、ビールも焼酎も、旨さ倍増するから不思議。もちろん、ご飯にもぴったり。

みんな是非、チェケラー!

 

今日も張り切って、スモーキングしてきまーす。