読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

憧れの料理長、競馬がお好き

 

居酒屋厨房で、野菜を串に刺している富士子(45歳)です。

仕事するとき、憧れの人がいると、張り合いが出ますよね。

いや、異性として、ってことじゃないです。仕事や人生の先輩として、って意味です。

あたしはね、「時給850円バイトで生きていく」っていう相当な崖っぷちを歩いてるおばさんですからね、もう、男性とか恋とかイケメンとか、うつつを抜かす余裕はありません。そんなん超えたところに、問題抱えてます。食べてけるのか、っつー問題をね。

 

仕事って、生活のためにするものですが、それだけだとモチベーションが続かないもんです。「もっと仕事ができるようになりたいな」とか「みんなと仲良く働きたいな」とか「頼りにされるように頑張ろう」とか、ささやかな願いや目標を持ってると、毎日の仕事もそれなりに楽しみになってきます。そんなときに、「こうありたい」と思える憧れの人がいると、ぐっと力も入ってくるってもんです。

 

崖っぷち人生まっしぐらの富士子(45歳)の憧れの人は…。

今までに、さんざん書き連ねてますけど…。

料理長(かっこいい)なんですよっ、奥さん!

 

料理長(かっこいい)のどこにどう憧れているのか、っていうのを掘り下げて見ようかと、ちょっと自分の心の扉を開いてみたのですが…。

あたしの人生に足りない部分とか、人格上の欠点とか、過去の職場での失敗の数々とか、思い出すのもおぞましいダークサイドに向き合うことになりそうなので、やめました。

 

実際、富士子が自分のブラックさに嫌気がさすと同時に、料理長に心の底から憧れた事件はこちら。 ちょっとキレちゃって反省

 

憧れの料理長(かっこいい)とは、毎日のようにバイト先で顔を合わせてるんですけど、実は、ちゃんとしゃべったことが殆どないです。仕事中に、さして雑談が出来るわけでもなく、仕事が終われば、すぐにまかないの時間。キッチン男子たちは、黙ってもくもくとお箸を動かし、食べ終えたらすぐにスマホでゲーム始めたりして、あまりおしゃべりはしません。あたしは、みんなのお皿を洗ったら、さっさと帰るだけです。

 

料理長(かっこいい)がどういう人なのかもっと知りたいけど、とりつくしまがない。

接点ゼロ。

毎日、接点ゼロ!

 

そんなパッとしない日々を送るうち、ふと思い出した。

去年の暮れ、料理長(かっこいい)がスポーツ新聞を広げてたことを。

有馬記念」の予想をしていたことを!

 

何を隠そう、富士子(45歳)の実家は東京競馬場の近く。G1レースともなれば、パドックサラブレッドを間近に見物し、レースのどよめきを体中で感じ、勝っても負けても気持ちよい興奮を味わう、っつー大人の娯楽を嗜んで育ちました。

以後、何度かブランクをはさみつつも、シーズンにはメインレースをチェキするのは、長年の慣わしとなっております。

 

ちなみに、あたしの去年の有馬記念ですが…。

日ごろから女子応援気質の富士子は、レースでも牝馬にテコ入れする傾向がありまして、ジェンティルドンナに一票入れて大当たり!

奇しくも、今回は彼女の引退レースでもありました。最後の疾走を、文字通り有終の美で飾ったベテランの彼女に、つい自分を重ねてしまい(図々しい)、表彰式のシーンでは思わず涙が出そうになりました。

 

1月に入って、ちょくちょく気になるレースが始まりましたが、小さいレースだと予想は難しい。その分、あーでもないこーでもない、と考えるのが楽しいわけで…。

 

チャンスですよ。これはチャンスですよ!奥さんっ

聞いてみましょうよ、料理長(かっこいい)に!

 

フェアリーステークスって、やったりしますか?」

ちなみに、3歳牝馬のレースなんすけどね。

 

「え? 富士子さん、競馬やるんですか」

っつって、来そうな馬を教えてくれましたよ!

イエーイ!

 

それ以来。

時々、本当に時々だけど、レースの話をするようになりました!

二人とも、なかなか当たりませんけどね。

 

あたしは、馬が勝負をするレースそのものが好きなので、当たらなくても気にしません。100円単位でしか買わないしね。人気のない馬が思いがけず力走したり、地道に2着を繰り返す堅実な馬がいたり、ひっそりと引退する馬がいたり、そんな小さなドラマに胸が熱くなるのが、競馬の面白いところです。

 

どこまで楽しさを分かち合えるかわからないけど、料理長(かっこいい)と話が出来るのが単純に嬉しいです。わーい!

 

 

ただねー。「最初に出会った名馬」的な話をしてたときにねー。

 

オグリキャップがちょうど活躍し始めて…」

ってあたしが言ったら、料理長がすかさず、

 

「それはさすがに知りませんね。俺は、ナリタブライアンですね」

って言いやがってねー。

 

ちょっとさー。

オグリとナリタブライアン、たいして時代違わない、っつーの!!

騎手だって、同じ南井でしょー!

オグリのちょっと後、ってだけじゃないの。知らない、ってことはないでしょうよ。

何なの、その「富士子さんとは世代が違いますね、やっぱ」みたいなコメントはっ!

 

って思ったけど、よく調べたら、6年くらい違ってた。

そもそも、料理長(かっこいい)は38歳と若いんだった。

従って、オグリキャップ登場時、彼はまだ小学生。

そりゃー、知らないや。

ギャフン!

 

ま、気を取り直して、次回、東京競馬場クイーンカップをお楽しみに!

 (これも牝馬レース)

 

明日もバイト頑張りまーす。