読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

料理長と天使くんに見惚れて反省

 

今日は立春だそうで、一番寒い日らしい。

新宿には、刷毛で掃いたような薄い雲が浮かんでます。

ピリッと寒い!

 

昨日の仕込みバイトは、料理長(かっこいい)と天使くん(33歳)、

そして、あたし富士子(45歳)の3人でした。

監督&4番打者&玉拾い、っていう組み合わせですよ。

あたしの戦力外っぷりが、浮き彫りになった数時間。

 

 

でもね、あたしの仕事も椎茸と獅子唐とアスパラ、エリンギ、くらいだったからね。

結構、楽勝。 って感じ?

 

早めに終わっちゃったので、「お手伝いすることありますか?」なんて、余裕かまして料理長(かっこいい)に聞いたりして、結構大人っぽくできました。

 

で、料理長(かっこいい)が肉の塊から切り出したタンやハツを、串に刺すのをお手伝い。これね、ちょっとやったことあるから大丈夫よ、あたし。

肉を切り終わった料理長(かっこいい)は、今度はおつまみの珍味の下拵えに入ります。

マットな色感の、乾燥させていない昆布を取り出して、細く切っていきました。

天使くん(33歳)は、大粒の南高梅をまな板に広げて、種を取り除いていきます。

この梅を裏ごしして昆布と和えると、甘すぎず酸っぱすぎず、美味しいペーストになるのですよ!鶯宿梅(おうしゅくばい)っていうらしい。

作り方はもっと複雑だけど、あたしは良くわかりません。

 

 

でねでね!この後が凄かったの。

あたしが、タンの串打ちをしているのが中央の位置とすると…

左側で料理長(かっこいい)が、上等の昆布を素早くカット中。

右側で天使くん(スピード王子)が、手早く梅の下処理中。

 

監督&四番打者によるダブル職人技を、独占鑑賞ですよ、奥さん!

これを僥倖といわずして何といおう。

 

ふたりとも、超かっこいいのよ!

天使くんの動きは、ビートの利いたパワープレイ系で、安定のスピードとリズムが特徴です。それでいて、丁寧なのが神業。

一方の料理長は、ものすごく静か。繊細。実はなにもしていないんじゃないか、っていうくらい、動きが穏やか。早いように見えないけれど、すごくきれいに何でも仕上げて、当然早い。もはや、魔法に近い。

 

 

つやつやの南高梅が、種を除かれて柔らかく光っている。

しっとりした昆布は黒のグラデーションがきれいで、細く刻まれると小さな塩の粒々がキラキラして見える。

天使くんや料理長が、静かできれいな手仕事で食べ物を作っていくのを見てると、幸せな気持ちになる。

 

うわーい! この席、すごくいいわー!

って、タンを串に刺しながら、大変満足な時間を過ごしました。

 

タンの後に、カシラもハツもあったのですが、鑑賞しつつ粛々と作業を進めまして、ようやく刺し終えたそのとき。

 

料理長(かっこいい)が、「飯にしよう」と天使くんに声をかけました。

「え、まだ途中ですよ?」と、キョトンとする天使くん。

キッチン男子たちは、キリのいいところまできっちり作業を終わらせるのが常なのに、天使くんは梅の種取りの真っ最中。

料理長だって、昆布を全部切り終えたわけじゃない。

だから、天使くんは、料理長の指示にちょっと驚いたみたいだった。

 

したら、料理長、

「うん、富士子さん待ちだったんで」

 

ええっ?

あたし待ち?

もしかして、この下拵え、あたしが時間かかるから、仕方なくやってた?

 

「すっ、すみません!」と慌てて謝る富士子(45歳)。

大急ぎで肉にラップをして、冷蔵庫に運びましたよ。

 

いやー。

独占鑑賞にふけってる場合じゃなかった…。

 

「早く終わんないかな」って、ずーーっと思ってたんだな…料理長(かっこいい)。

あたしがカシラやハツを串に刺すのを、「まだかなー」って思いつつ、見てたんだな。

 

全く気がついていませんでした…。

浮かれてました…。

すみません。

 

そんな昨日でしたが、今日もめげずにバイトです。

今日は、大久保くん(仮名24歳)のラストの日。

今までの御礼を伝えてきます。

 

行ってきまーす!