裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、こっそり残業作戦が失敗

 

暖かくなってきて、新宿御苑の桜もいい感じ!

居酒屋厨房で働く、富士子(45歳)です。

わりと、頭の中がお花で一杯です。

 

世間は、送別会真っ盛り。

昨日は花の金曜日だったから、バイト先の居酒屋も、まさかの40名の宴会予約!

仕込みの指示はね…

 

椎茸、獅子唐、アスパラ、エリンギ、イベリコ豚、ベーコン、豚のスモーク30本。

 

怒涛のラインナップ。

無理ッス!

これね、全部の材料を処理して、串に刺すのよ。

ただでさえ、宴会40人分の串の用意があるのに。

大急ぎでやんなきゃ! って取り掛かったけど……。

 

宴会用の串の用意と、通常の串の補充 

→ これだけで 早くも1時間経過。

椎茸の軸を取って、獅子唐のヘタを取って、串打ちして、アスパラをカット 

→ さらに1時間経過、やれやれ。

アスパラを串に刺して、エリンギをカットして串打ち

→ あっという間にまた1時間経過。もう終わってなきゃいけない時間。

 

あああ、どうしよう、終わんない。

この頃、厨房はすでに…

 

料理長が、イカの塩辛の下拵え終わってる。

ルドルフ先輩はサラダを終わって、デザートの生地もオーブンに入れた。

なんと、キッチン男子・アントニオが、普段より早くまかない作り終わってる。

 

超ヤバイ!

あたしだけ終わってないよ!

 

でも大丈夫。

「まかない敬遠戦法 富士子大作戦」いくから。

 

 

厨房には、「暗黙のまかないルール」があります。

・料理長(かっこいい)の「頂きます」を合図に、みんな一緒に食べる

 

あたしは、このルールが大好き。

キッチン男子は仕込み中は無口で、黙々と手を動かすばかりだし、食事中も殆ど口を利かないけど、それでも、料理長を筆頭にして同じ釜の飯を食ってます、っていう一体感があるのは、このシンプルなルールのおかげだと思うの。

だからね、あたしの中では「このルールは破っちゃならねえ」ってことになってた。

 

でもね、みんな一緒に食べるためには、全員がまかない時間までに仕事を終える、もしくは区切りをつけてないといけません。

 

だけど、あたしだけ間に合わないってことが、よくある。

 

そうなると、

・料理長が手伝ってくれる。

・あたしが終わるまで、みんな仕事探して時間つぶして待ってる

この、どっちかの対応をされるわけ。

これってねえ、かなりな、針のむしろなわけ。

 

で、考えたの。

「まかない、食べません」って言っておけば、食べる人たちだけで先に食べてくれるんじゃないか、って!

 

あたしの作戦はこうよ。

 

あらかじめ、「今日はまかない食べません」と宣言しておく。

まかない時間が近づくと、まかないの準備を手伝う風に、お箸とか運んだりする。

で、お皿が並び始める頃には、厨房の裏に引っ込んで、気配を消す。

「富士子さんはもう帰るんだな」って油断した料理長が、「いただきます」を言う。

みんなが食べ始める。

厨房の裏で、こっそり、仕込みの続きをやる。

終わったら、何食わぬ顔で厨房から出て「お先に失礼します」と言って帰る。

 

どうよ。

完璧でしょ。

誰にも負担をかけずに、こっそり残業ができるの。名づけて「まかない敬遠戦法」。

過去に何度か成功している、あたしのマル秘大作戦よ!

 

昨日も、怒涛の仕込みメモを見て、こりゃあ残業だ、と「まかない敬遠」発動。

速攻で「まかない食べません」宣言出しといた。

まかない時間が迫る頃は、野菜系の仕込みは終わってて、あとは肉系を残すのみ。

余裕の笑顔で、お箸を揃えたりお皿を出したりして、「しめしめ、この調子で油断させて、一人で奥に引っ込んで、こっそり仕事しよ……まずはスモークから!」

 

と、思ってるのに、今日に限って、料理長がこんにゃくを切り始めた。

 

ちょっと。

アントニオが作ったまかないが、冷めちゃうよ。鶏もも肉の照り焼きだよー。

早く食べなよー、食べなってばー。

 

そしたら、ルドルフ先輩が新たにお菓子の生地を練り始めて、当のアントニオも、何かの下味用の調合液を作り始めるじゃないの!

 

えええー!

ちょ、ちょ、ちょっと待って。おにーさん!

ラッスンゴレライ、まってまっすん。

 

とか言ってる場合ではない。

気配を消すどころじゃなくなって、あたしも慌てて、フライパン出してスモークの用意。

 

あれれ?

まかない、食べないの? いつもと違うなあ。

 

って思いながら、大慌てでスモークを終えて、フライパンを洗ってたら、料理長が、

 

「富士子さん、それ洗い終わったら、おしまいにして下さい」

 

って、まさかの「もう帰んなさい宣言」。

 

げげっ!

作戦失敗!?

 

あーあ、でも、まだ、イベリコ豚とベーコンが残ってるんだよなあ…。

言いづらい…。

超、言いづらいッス…。

 

でも、ま、意を決して、

「あ、あの、イベリコとベーコンがまだ…」

 

つったら、料理長、

「え? ああ。出しといて下さい。やりますから」

 

「す、すみません…」

 

あーあ。

失敗しちゃった。

こっそり残業して、間に合わせようと思ってたのに。

やっぱり、ちゃんと時間内に終わらせなきゃダメなんだなー。

 

 

そもそも、まかないは、みんなが一緒に食べることが大事な約束になってる。

誰かが食べずに仕事しているのを、料理長がよしとするはずがない。

いやあ、わかってたんですけどね。

 

 

あたしだってね。

みんなで一緒に食べる「まかないルール」、大好きなのよ。

気兼ねなく、一緒に食べたいんだけどね。

終わんないのよ、仕事が!

もうね、手が遅いことがね、すごい、負い目なわけ。

だからね、ちょっと、こっすい作戦で乗り切ってたんですけどね。

うまく行ってる、って思ってたんですけどね。

バレてたみたいです。

 

 

ま、思えば、阿呆な作戦ではあったかもしれない。

「こいつの頭はお花畑か?」って思われていたかもしれない。

とほほ。

春だから許して。

 

 

あーあ、もう、いやんなっちゃうな。

仕事が速くできるようになりたい。

台所の神様、助けて下さい。

って、どっかに台所大明神っていないのかな?

お参りに行きたい。

 

明日は、春うららな日曜日。

富士子はバイトです。がんばります。