裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、僻み節

 

大変!

新宿は、桜がほぼ満開よ。

週末を待ってられないわ。お花見お花見!

 

特にお花見に行く相手がいるわけでもない、富士子(45歳)です。

居酒屋の厨房でバイトしています。

日曜日はお休みなんですけど、ヒマなもんで、ちょいちょい出勤してます。

 

 

今日、バイトに行ったら、2階フロアで料理長が死んでました。

朝まで飲んでたみたいです。

 

あたしが串の補充をするのも2階なんですけど、

あたしからは、寝込んでる料理長の、ちょうど足だけが見える。

ピクリともしないし爆睡してるようので、心置きなく、

バットや洗浄機で、ガンガン騒音出してやりました。

 

昨夜、ホールでバイトしてる学生さん二人が卒業で辞めてしまうので

送別会があったそうです。

あたしはね、ホールの子たちとは、殆ど面識がないの。

顔を合わせるのは、仕込み時間にホールで準備してるほんの数人だけ。

当然、送別会なんて、あることさえ知らない。

 

そもそも、一番おしゃべりしていたキッチン男子・大久保くんが辞める時さえ、

まったく声がかからなかった、っつー、孤高のパートですからね。

 

まあね、ホールの子なんて、みんな20~23歳くらいだから、あたしなんて母親みたいなもんですよ。飲みの席で一緒になっても、こっちも困っちゃうんですけどね。

 

でもね。

 

一時間もグーグー寝ておいて、

「いやー、今日は富士子さんがいてくれて助かりました。休めました。」

って、あんた(料理長)。

 

あたしを仲間外れにしといて、何言ってんの?

休んでんじゃないわよ。

 

 

なーんて、口が裂けても言えない。

 

かといって、

「休めました? 良かったー。お役に立てて嬉しいです!」

なんて、とっさに言えるほど器用じゃねーし。

そんなうそが上手だったら、会社クビになったりしないっつーの。

 

で、

「そうなんですか。何が起きてるのかわかんないですけど」

って、言っておきました。

 

この可愛げのなさ。

あたしが上司だったら、クビにしたくなるね。

 

 

料理長が寝ている間、キッチン男子・埼玉くん(仮名)に、

「ホールの子と朝まで宴会なんて、みんな仲いいですね」

って話してたら、

「キッチンとホールは接点少ないんですけど、飲み会で仲良くなりますね」

だって。

 

ってことは、よ。

飲み会に一度も誘われない孤高のパートは、誰かと仲良くなるチャンスは皆無。

ずっと孤高。

 

ま、あたしも大人の女性ですからね。

ババアと飲みたくないって気持ちを汲む余裕は、たっぷりありますよ。

むしろ、孤高って言葉が似合うよう、誇り高く生きていきます。

 

そんなわけで。

 

今日の仕込みもベーコンが間に合わなかったんですが、

「出来ておりませんので」

って、頭を高く上げて料理長にお伝えして、帰ってまいりました。

 

感じわるー!

 

明日も、バイトだー。

帰り道は、孤高のお花見散歩してきちゃおっと。