読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、肉のコースをFacebookに載せたい!その3

 

あたしの「お肉の特製コースをFacebookで紹介したい作戦」。

 

コースのお品書きをUPしたい ← 大黒さんが筆で書いてくれた

料理長(かっこいい)のお料理写真をUPしたい ← 撮影できることになった


順風満帆!


早速、料理長(かっこいい)にクールな無表情で

「明日撮影するので、カメラを持ってきてくださいね」

って指示を頂きました。

「はい」と真面目にお返事したけど、実はかなり浮き足立っちゃってる富士子。

 

富士子:「何を撮影するんですか(ワクワク)?」

料理長:「いや、まだ考え中なんですけどね」


そっかー。シュミレーション練習が出来ないなあ。
ま、今回は料理長にお任せでシャッターを押せばいっか。

料理長は、撮影のときに、背景やレイアウトをちゃんと考えてくれるんですよ。
テキパキと準備してるのをびっくりしてみてると、
「俺、何でもできるんですよ」って、自分で言って笑ってるの。ステキでしょ。


またあの楽しい撮影タイムがあるんだわ!と思うと、うちに帰ってからもワクワク!
あまりの興奮に、業務連絡専用にしてたはずのLINEで、

「明日楽しみにしてます」

なんて、打っちゃったよー! きゃー、バカバカ!

 

したら、お返事が来てね。

「明日は1時から撮影するので、それまでに仕込みを終わらせて下さい」

って、なにそれ!


あたし、いつも2時半までかかってるのに…。
1時なんて無理に決まってるじゃーん。
あんた、一番わかってるじゃーん!(あんた=料理長)

 

LINEにはさ、「いつか使ってみたい」っていうスタンプがあるよね。
あたし的には、ブラウン(っていうキャラ)が「ムリ!」って看板を持ってるのがそう。
いつか誰かに、このスタンプを一発使ってみたい、って思ってたんですが。

まさに、今がそのときじゃない?

でも、さすがに失礼かしら? ババアのくせに!って思われるかしら?
でもでも、普段、スタンプなんて使わないから、お茶目なアタシを演出できるかも?

って、逡巡の末…


「ムリ!」スタンプ、送信しちゃいました!
きゃー!


が。
まさかの既読スルー(当然か…)。

 

やっぱり、失礼だったかも。何しろ相手は厨房で一番えらい人なんだし…。
寝る前になって、やっぱりすごーく気になって、

「明日は仕込み頑張ります。よろしくお願いします」

って礼儀正しい感じで送信して、もう忘れよう、と布団をかぶって寝ました。
(ちなみにこれも既読スルー)


さて、撮影当日。

料理長が用意したのは、おおぶりなサーロインやブランド豚、茶豆やアスパラ。
それを、大きな笊にきれいに飾っていく。

調理済みのお料理じゃなくて、素材を見せるってわけね!
さすがのアイディア!


でも、あたしは、イベリコ豚のカットが終わってなくて、料理長の方に行けないまま。
呼ばれるまでに終わらせなきゃ、と大慌て!

セッティングが終わった料理長は、

「富士子さん、カメラ貸して下さい」

って、料理長自ら、ファインダーを覗いて構図を確認してた。


さすがだわー!
光の具合を確かめているらしい料理長(かっこいい)。
位置を微調整して、何度も確かめてる。

ホントに何でもできるんだなーって、つい見惚れてたら…。

なんと、そのままシャッター押して撮影してた。料理長が。

 

え? 


「こんな感じでいいかな」って、満足気な料理長。

「うん」って、自分でうなづいて、片付け始める料理長。


えええ?


まさかの撮影終了?!
まさかの、富士子はいらねー、って展開?!


イベリコ豚を片手に、立ち尽くす富士子。

そ、そんなー!
マジかー!?

 

あーあ…
「ムリ」なんてスタンプ、送らなければよかった…!!
何が何でも、仕込みを1時に終わらせればよかった…!!


あたしだって、ちょっとは役に立ちたかったよう!


うえーん!
近年まれに見る、うえーんだよ!!

 

しかもねー、けっこう良かったのよ、料理長の写真が。
今までの、あたしの秘密の特訓はなんだったの…?

ふー。

 

でも、ま、ステキな写真が出来上がったし、終わりよければすべてよし。

だよね?


この日は、焼酎かっくらって、とっとと寝ました。


次回は、富士子名誉挽回の巻。
おやすみなさーい!