裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、炎上騒ぎ

失敗から学ぶ、っていうけどね。
同じ失敗を繰り返すあたしに、学ぶ余地はあるのか?

以前、「お肉の串の箱をエレベーターに入れっ放し」事件が
2回続いたことをご紹介しました。

今回ご紹介するのは…

「豚バラ肉の串をスモークしたらスモークチップが炎上」事件です。

もうね、ブォォォっ!て、火柱があがった。
よかった…。前髪が燃えなくて。

って、そうじゃないでしょ。

いっそ、燃えちまえ!
っていうキッチン男子の心の叫びは聞こえたけど。

 

バラ肉は脂分がとっても多いので、炭火で焼くと旨みがにじみ出て
ジューシーな味と歯ごたえを楽しめます。
それをさらに、サクラのチップでスモークすると、香ばしさが加わって
舌も鼻も満足する逸品に!


そのスモークをするのが、焼き場の仕込み担当:富士子の重要ミッション。
もうね、半年以上も、このミッションに携わっているわけです。


スモークチップは、そのままでは燃え上がったりはしません。
なにゆえ、燃えちゃうのか?!


スモーク用の鍋に、チップとバラ肉を入れて燻す

燻されたバラ肉から脂が出てくる

スモークチップに、脂が滴り落ちる

高温で熱し続けると、チップが火種になってしまう (ココがまさに火種)

蓋を開けると、二酸化炭素が流入

チップが大炎上!


要するにね、スモークする火力が強すぎるわけ。
過去、キッチン男子のルドルフ先輩、アンディ、料理長、と
3人に注意を受けたにも関わらず…

今回もやっちまった。

あまりの火柱に恐れをなして、なすすべのない富士子。
そばにいた天使くんが、火に手を突っ込んでバラ肉を救出してくれたよ…
鎮火もしてくれた…

あんた、ホンマに天使や。惚れてまうやんかー!!

なんて、ボケをかます余裕は全くなかった。
ごめんなさい。ありがとうございました。

普通は、表をスモークしたら、裏っ返してまたスモークするんだけど、
表の段階で炎上したので、裏までけっこう火が通っちゃった。

「ちゃんと香りがついたかしら…?」って言ったら、

天使くんが、くんくんとにおいをかいで、

「普通に、お肉が焼けてるにおいがする」

って言うんで…、使えなくなりました…。がびーん!

料理長(かっこいい)が、遅番でいなかったのが救い!
せめてもの救い!
不幸中の幸い!

 


それから数日後。

いやあ、なんでかなー。
懲りたはずなのに、なんでかなー。

またも、炎上しちゃったんだよねー。

ちゃんと、火を弱くしたつもりだったんだけど、まだ強かったんだねー。

今回は、火柱っていうほどの大炎上じゃなかった。
バラ肉は、自分で救出できたんだけど、火が消えなくてねー。

ルドルフ先輩が、フライパンを蓋代わりにして鎮火してくれました。

ありがとうございます。助かりました。

 

で。

冷ややかに隣で見ていた料理長。

ごめんなさい。

一番近くにいながら一切手を出さず、一言も発せず、
だまって仕事を続けていた姿が、超怖かったです。

でもでも、あのですね、今回は救出が早かったから、実害はなかったッスよ?!

なんつって。

そういう問題じゃないですよね、わかってます。
台風が連続して上陸!みたいな、勘弁してくれ案件ですよね。

よくわかります。
すみませんっ…!

 

もうね、Facebookで失敗するのとは、全く違うレベルで凹む。

あたしは根っからのバカなのか?
不注意欠陥症候群とかなのか?
生まれつきこんなだったのか?
そういえば、そんな気もするし…

確かに、事務の仕事のときも、何か抜けることはよくあった。
うっかり選手権があったら、代表に選ばれるレベルではあった。

ただ、業務全体で見れば、うっかりをカバーできるポイントも多くあったし、
フォローしてくれるアシスト役の子がいたし、
致命的なミスに膨れ上がることはなかったの。
幸いなことに。

が、しかし!
ここ厨房では、あたしのうっかりはそのまま損害に直結。
食材はもちろん、時間もロス。


半年以上経つのに、こんなミスをするなんて。
なんか…向いてないのかも…。


ううう、でも辞めたくないんだよう!

料理長、ごめんなさい。
反省してます。

スモークがあるときは、指さし確認します。
駅員さんみたいに。

だから、見捨てないでー!

 

明日(ってか、今日)も頑張ります。