裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、超弩級の凹み。マジ。


寒いですね。
新宿は抜けるような青空でした。

あの空の向こうには、天国があるのかしら。

 

今日も、この一ヶ月凹んでいた理由シリーズです。

先月末に、超弩級の凹み案件がきました。
もう、凹みから浮上したつもりで、このシリーズを始めたのに、
まさかこんな案件がくるとは。

胸にしまっておこうと思ったけど、思い切って。


あたしは、作家の個人事務所で働いていました。
最初は、ユーモア作品を描く先生のところで12年くらい。
その後、ホラー作品を描く先生に2年ちょっとお世話になったの。


ユーモア作品の先生は、あたしの在職中に天国に逝ってしまいました。
先生との、静かで穏やかで、しかもアルコール漬けのどうしようもない日々は、
あたしの人生観を変えました。

先生がペンを持って描きはじめるときの、時間が止まったような緊張と、
何かが生まれる暖かい感じを思い出すと、今でもしあわせになります。


先生の部屋には、たくさんの蔵書とスクラップブック、ペンや文房具があったの。
どれも使い古されて、長い時間そこにあって、先生の一部になっている。

キッチン男子たちがお料理を作っている厨房にも、年季の入った道具が並んでる。
使い込まれた笊、でこぼこのお鍋、たくさんのボールやバット、調味料。

あたしは、バイト先の厨房に、先生の仕事場と同じ暖かさを感じるの。


とりわけ、料理長が無駄な動きをせず、静かに素早くお料理をする様子は、
先生がペンを持ったときの姿と、すごく似てる。

先生は、魔法のように描く。
料理長は、魔法のようにお料理する。

あたしは、先生のそばにいたのと同じように、毎日幸せな気持ちで働いてたの。


2番目に働いていたホラー作家の事務所は、2年前に辞めました。
代表を務める先生の娘さんに、クビを言い渡されたから。
先生には、自主退社ということになってました。

辞めると知った先生は、使い慣れた筆で色紙を描いてくれました。
あたしにはずっとよくしてくれて、優しい先生だった。


ユーモア先生はもういないけど、あたしは厨房で元気に働いてて、
ホラー先生のお手伝いはもうできないけど、先生は元気に活躍してる。

あたしはそれなりに、満ち足りた気持ちだった。


なのに…。

先日、そのホラー作家の先生が亡くなったの。

ご高齢ではあったけど、あまりに突然だった。


あたしは、しばらく動けなかった。

あの先生も、天国に逝ってしまった…。

 

ああ、ユーモア先生が亡くなったときのことまで思い出す。

自分の体に穴が開いたように思うけど、ちっとも体は痛くない。
体中がバラバラになったように思うけど、ちゃんと体は動かせる。

傷ついたのは心なんだ、って、しばらく気が付かないほどのショック。

あの時は、事務所にマスコミがたくさんきて、電話が鳴り続けて、
最後に食事したのがいつか思い出せないほど、対応に追いまくられた……

 

ああ、色んな思いが湧き出てくる。

今頃、ホラー作家の事務所も大変だろうに。
クビになったあたしには、何のお手伝いも出来ない。何の役にも立たない。

バカだな、あたしは。
なんでクビになるようなヘマをしたんだろ。


クビといえば、ユーモア先生の事務所だって、
あとから社長になった娘さんにクビになった。
ほんっと、あたしバカ。

今の厨房だって、のびしろなくって、停滞してる。
Facebookも、うまくいってない。

何やってんだろ、あたし。


先生がいなくなってしまった喪失感と、自分のふがいなさがあいまって、
鬱々と落ち込んでいく。

好きだった厨房の風景や料理長の手さばきを見ていても、
もう、悲しいことしか思い出せなくなってしまった。

いつでも、暖かい気持ちになれる場所だったのに。


料理長を先生に重ねていたことも、大きな間違いに思えてくる。
失ったものを、追いかけてただけじゃないの。
あたしが大好きで大事にしてたものって、なんなの…。

 

今日は、二週間ぶりに、厨房バイトがお休みでした。
何もする気が起きなくて、布団をかぶって、でも好きなブログ見てた。

そのせいか、西日の当たる部屋で、暗い思いで、夕焼け見てたら、
このことをブログに書く気持ちだけが沸いてきたの。

 

週明け、元気に厨房に行けるだろうか。
先生、あたしに力をちょうだい。


ご冥福を祈るべきなのに、すがってる…。


今の富士子はこんな感じ。

 

なんか申し訳ないです。
読んでくれてありがとう。