裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、恥の多い人生

お正月はいかがお過ごしでしたか?
2か月もブログを放置していた富士子です。


去年は、年末近くになって、敬愛する作家のホラー先生が亡くなられ、意気消沈のうちに一年を終えました。

大事な人を亡くすと、いろいろと、今までの人生を考えちゃうよね…。

思えば、恥の多い人生でございました。


ホラー先生の事務所をクビになったこと。

ユーモア作品を描いてた先生の事務所もクビになったこと。

ユーモア先生が亡くなられた時、みっともなく右往左往したこと。

ユーモア先生の奥様が、脳内出血で意識不明になった時、右往左往したこと。


なんかこう、「ええーっ!」って誰もが驚く大事件はひとつもなくて、
誰の身にも起こりうる、しかも、たいていの人は無難に乗り越えられる案件ばかり。
それを乗り越えられなかった、っつー、ダサい恥の多い人生。

 

会社を二回もクビになって、糸の切れた凧みたいな、たよりない気持ちになったこと。

作家の作品を売る仕事をしてきたから、同じことをやろうとしたこと。

でも、尊敬できる作家じゃないとアイディアが出ない、って気が付いたこと。

そんな程度なら、自分はプロじゃないんだって、わかったこと。


クビにした社長が、富士子ネガティブキャンペーンを止めてないと知ったこと。

履歴書や職務経歴書を書くのがイヤで、居酒屋でバイトを始めたこと。

そこの厨房と料理人たちが、先生の仕事場とスタッフ達に似ていたこと。

憧れと安らぎをもてたこと。

でも、自分には料理の伸びしろがないこと。

成長しない毎日に、先が見えないこと。

自分は、ただ、逃げているだけだと思い知ったこと。


今、まさに↑ココ。

 


先月の終わりに、ホラー先生のお別れの会がありました。
白い花に囲まれた、先生の笑顔と作品のイラスト。

あたしは、先生の事務所で幸せに過ごしてきた。

今の厨房では、その幸せを追体験してるだけなんだ。

なにをやってるんだろーなー、いい年こいてー。


ダサい。
ダサすぎる。

帰りの地下鉄で、ドアの窓ガラス越しに、
暗い顔のおばさんと目が合ってギョッとしたら、自分だった。


新宿で駅を降り、新宿の路地をトボトボ歩いていたら、
前を歩いてたはずのおじさんがこっちにきた。

「大丈夫ですか?」って怪訝そうに言う。

「え?」

「さっきから、すごく深刻な顔でうつむいてるから気になって」

「え? あ、あの、大丈夫です」

「ならいいけど」


おじさんは、あやふやだけど笑顔になって、

「何があったかわからないけど、明るく行こうよ!」

とちょっと恥ずかしそうに手を振って、行ってしまった。

 

なんてこと。

知らない人に気遣ってもらうなんて。

情けないけど、嬉しくって、家に着いてから涙が出てきちゃった。

 

そんな情けない日から、そろそろ10日が経ちます。

いい加減、浮上したい。

浮上するぞ!

なにやってんだ、ウジウジといつまでも!

グズグズと生ごみみたいに!

反省しろ反省。

 

毎度ながら、読んでくれてありがとうです。

今日もバイト、頑張ります。