読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、水晶体に気を取られて反省

 

風が強いですね、新宿は冬に逆戻り!

身も心もふところも寒い、富士子(45歳)です。

 

先日のこと。

バイト先の居酒屋厨房で、金髪のキッチン男子・天使くんが、鯛をさばいていました。

鯛なんて、日ごろは見かけないのに、珍しい!

 

「今日、何かあるんですか? 特別な宴会とか?」って聞くと、

「メニューが変わって、お刺身が鯛になるんですよ」とのこと。

 

そうなんだ!

筍に続いて、お魚も春の素材になるんですね。うふふ。

 

それにしても立派な鯛だなぁ…って見惚れていたら。

 

天使くんが、小鼻を膨らませて

「これ、いくらすると思います? 2万ですよ、2万! 天然ですよっ!」

って、どや顔で言うの。

 

天使くんってね。

耳にも眉にもピアスしてる、ミュージシャンを目指してた金髪くん。

パンクロック一直線!って外見で、声をかけるのも憚られるような居ずまい。

しかも、えらい人に話しかけられても、気に入らない話題だと目線も合わせずシカトするっていう、ふてぶてしい根性の持ち主。

 

なのに、よ。

2万の鯛に騒ぐのって、どうよ。

ちょっと小市民過ぎやしませんか。

おばちゃんは、2万の鯛よりも、そっちに驚いたわよ。

 

 

それはさておき。

思いがけない高給食材の登場に、本物の小市民のあたしは確かに驚いた。

「ええ! 天然? すごいじゃないですか!」

と、小市民らしく陳腐な驚き方をしちゃった。

 

ピンクと白とうろこの銀色がぴかぴかしてる鯛は、市場から届いたばかりらしくて、目玉も綺麗に澄んでいる。あたしはその目玉の大きさに心を奪われてしまった。

 

何を隠そう、あたしは魚の目玉が大好き。

これね、賛否両論(っていうのか?)あるんで、今まで内緒にしてたんですけどね。焼き魚でも煮魚でも、目玉をお箸でほじくって丸ごと口に放り込むのって、至福の瞬間なんですよ!

とろんとしたゼリーみたいな食感に、真ん中がコリコリしてて、たまらない!

が、ゲテモノ好き扱いされるのを恐れるあまり、この快感を誰にも打ち明けることなく、はや45年。

 

なのに。

あまりに大きく澄んだ鯛の目玉に気持ちが高まり、内緒にしきれない気分になり…。

「天使くん、魚の目玉って、食べたことあります?」

って、恐る恐る聞いちゃった。

 

したら、天使くん、

「ありますよ、焼いたりして食べます。富士子さん、食べます?持って帰ります?」

って、まさかのお持ち帰りエクスキューズ!

 

自分で聞いておいてなんですが、ごくナチュラルに「目玉食べますよ」発言を聞いてびっくりしちゃった上に、「目玉を持って帰る」なんて予想だにしなかった提案を受けたもんだから、さすがのあたしもちょっと混乱して口がきけなくなっちゃった。

 

それに構わず、天使くんはぐいっ!と親指を入れて目玉をくり貫くと、流しに転がました。ごろん、としたまん丸の白い目玉。

うわ、でかい! 秋刀魚や鯵とは、スケールが違う! こりゃ絶対美味い!

と、心の中で叫ぶ富士子。

 

「こっち側も…」とか言いながら、もう片方もくり貫こうとした天使くんですが…

「あ、失敗!」って声と、プシューって音とともに、何かがあたしのほうに飛んできた。

みると、粘液状のものにまみれた、小さなガラスのかけら。

なんだこれ?

あ、もしかして…

目玉の中の、水晶体?

 

うわぁ!

ちっちゃくて、きれい!

これで、海の中を見てたんだー!

こんな大きな水晶体があるなんて、さすがだなあ。

イカの水晶体は、もっと薄っぺらいもんなぁ…。

 

って、水晶体を灯りにかざしてしみじみ眺めていたら。

 

天使くんが、

「片方失敗しちゃって一個しかないし、やっぱ目玉いらないッスよね。

捨てちゃいましょう」

つって、流しにあった見事な目玉を、あっさりゴミ箱に捨てちゃいました。

 

 

あああ。

せっかくくり貫いてくれたのに、ごめんね…。

目玉、食べたかったし、嬉しかったんだけど、色々ビックリしているうちに、「ありがとう、持って帰る」って言いそびれちゃったの。いっつもドンくさくて、返事が遅くて申し訳ない…。

決して「片方失敗しやがったな、だったらいらねーし」とか思ってたんじゃないよ。

 

天使くんは、鯛をどんどんさばいて、サクにして、きれいにキッチンペーパーで包んでそうっとラップをしていました。職人の顔になって手早く作業する天使くんが、なまじ健気でカッコいいだけに、目玉を捨てさせてしまったのが意地悪をしたみたいで、あたしは自分のドンくささがちょっと悲しかった。天使くんは、全く気にしていないかもしれないけど、あたしは、自分のこういうドンくささが好きではないから、またやっちゃったー、と後悔してる。

 

ふー。

それにしても、鯛の目玉は美味しそうだった…。

水晶体きれいだった…。

で、天使くんはいい奴だ。

小市民なんつって、ごめん。

 

色々反省しとります。

 

明日もバイトだぞっ!

ちょっとは暖かいといいなー。