読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、泣き笑いのホワイトデー

  

バレンタインデーに、チョコレート贈った女子は手を上げてー!

はーい、はいはいはーい!

 

バレンタイン当日、出勤していたキッチン男子全員に、きっちりチョコを贈った、

居酒屋厨房バイトの富士子(45歳)です。

義理とはいえ、チョコはチョコですよ。

 

まあ、この年になるとね。

「日ごろの失敗を、世俗のイベントに便乗してまとめて謝っておく」ってのは、「卵は茹でたらすぐに冷水につけておく」ってくらい常識。

数ある世俗イベントの中でも、バレンタインは優秀です。もらった方は、確実に喜んで受け取ってくれるからね。「いつもお世話になってます」の気持ちが、2~3倍になって相手に届いちゃう。職場での多少の失敗も、多めに見てもらえるってもんですよ(多分)。こんな利回りの良い商品、ちょっと他には見当たらない。

 

そんなわけで、先月14日は、しっかりチョコを渡してきました。

 

で、先日のホワイトデー。

土曜日なので、あたしはお休みだったのですが、その前の金曜日にですね。

「お返しです」っつって、料理長(かっこいい)が、たいそうな紙袋を渡してきて。

ロールケーキがホールで入ってたんですよ、奥さん!

しかも伊勢丹で買ってきたって言うじゃありませんか。

 

バレンタイン間近の新宿伊勢丹のお菓子売り場が、阿鼻叫喚の大混雑なのは有名ですが、なんと! 最近はホワイトデー間近の伊勢丹も、ものすごい人出。しかも、押し寄せてくるのは男子。ってか、おっさん。30~40代のおっさん(中から上のスーツ着てる)が、群れを成してやってきて、有名ブランドのお菓子売り場に長蛇の列を作ってるの。

 

で、料理長ですよ。

そんなスーツのおっさんに混ざって、お買い物して下さったなんて!

言っときますが、競馬場じゃないですよ、伊勢丹のスイーツ売り場ですよ。

馬券じゃなくって、ロールケーキ買ってきたんですよ、料理長が。

もう、感激を通り越して、感無量でした。

お返しもらえるなんて、全く考えてなかったしね。

 

しかも、そのロールケーキは、あたしの知らないお店の品だったの。お菓子に目がない45歳女ってのはね、たいていの有名店は制覇してる。適度にヒマもお金もあるからね。デパートに出ているお店は当然として、学芸大学やら鶯谷くんだりまで出向くのも厭わない。そんなあたしが初めて聞くお店。ちょっとドキドキじゃない?

 

あ、これね、「ふーん、聞いたことないわ。たいしたことないんじゃない?美味しくなかったらどうしようドキドキ」って意味じゃないのよ、念のため。「あたしの知らないところに、まだまだ美味しいお菓子がたくさんあるのよ! でもって、これは新しい出会いだわ。やだ、ドキドキだわん」って意味なのよ。しかも、料理長(かっこいい)から貰ったんだもん。伊勢丹なら間違いない、って信頼もあって、心のそこから「うわーい!」って嬉しかった。

 

お店のロゴも紙袋も、白を基調に薄いグレーを使ったきれいな幾何学模様で、ロールケーキもきっとシンプルかつ極上な味に違いない、と思わせる、上品なデザイン。

ああ、ワクワクする。早く食べたい…と思いながら眺めていたら。

 

伊勢丹、凄かったッスよ、混んでて。あんなに混んでると思わなかった。時間かかりそうだったから、一番人がいない、空いてるところで買いましたよ。あははっ!」

 

って、料理長が無邪気に。

 

そ、そっすか…。

た、たしかに、激混みですもんね。

萎えますよね、普通。

面倒っすよね。

良かったのに。

別に、無理して買わなくて良かったのに。

あたしなんかに。

 

ああ、どうして?

嬉しかった気持ちが、みるみるしぼんで、辛いものがこみ上げてくる。

 

 

あああ、なんか、音がする。

開けちゃいけない、心の扉が開く音がする…

 

 

 前の会社をクビになったことを思い出した。

あたしをクビにした女社長は、最後の日に送別会を開いた。

仲良くしてた社員たちも交えての、お別れの食事会。お世話になったお礼の気持ちを形にしようと思って、あたしは、一人ひとりに贈り物を用意した。 あれがいいかな、これなら喜んでもらえるかな、って、相手のことを考えて選ぶのは楽しくて、別れるつらさを忘れるほどだった。でも、送別会が終わって、一人で家に帰りながら考えた。気持ちをこめた贈り物だったけど、受け取ったほうはどうだっただろう? クビになった本人から、笑顔で贈り物を渡されても、みんなは複雑な気分だったんじゃないか…。規定がないとやらで退職金もなく、次の仕事の見通しも立たない中年女が、一人ずつに贈り物を渡す姿は相当イタかったんじゃないか…。そもそも、そんな贈り物をすること自体が、「あたしはクビになっちゃったけど、実際は心優しい人間なんですよー」っていうアピールで、「ほら、こんなにみんなのことを考えて感謝してますよー」っていう押し付けだったんじゃないだろうか…。こういう自己満足な行動をするから、クビになったのかも…。あたしのやることは、いつだって独りよがりなんだ…。

 

そんな思い出が蘇って、次々と、後ろ向きの考えが頭に浮かんでしまう。 

 

バレンタインだって独りよがりだったんだ。あたしを雇ってくれた料理長には心から感謝してる。だから、世界で一番美味しいと思うチョコを用意した。美味しく食べてもらえたらそれで良かったはずだった。今の今まで、そう思ってた。なのに、「一番人がいない、空いているお店のお菓子」って言葉が、胸に突き刺さっちゃってなかなか取れない。独りよがりで押し付けがましいあたしには、そういうお菓子がちょうどいい、って言われたみたいだ。あたしがどんなに誰かのことを思っても、あたしに渡されるのは、間に合わせのお菓子だったり、退職勧告だったりするんだ。

 

クビを言い渡されたとき、こう言われた。「もう耐えられない」。あたしは、女社長に嫌われたのだ。仕事で重大なミスをしたわけじゃない。他の社員や取引先とトラブルを起したわけでもない。3年前、あたしを見込んで社員にしてくれたのは、当の女社長だった。その恩に報いようと、全力を尽くしたつもりだったけど、すべてが裏目に出て、あたしはクビになったのだった。

 

世界で一番美味しいチョコを渡しても、返ってきたのは間に合わせのお菓子。

「そうなのよね。前にもこういうことがあったよね。誰かのために全力で仕事したはずなのに、クビになったの。あたしって、いっつもそう。」

誰に言うともなく、部屋で一人で声を出したら、ますます本当に「いっつもそう」なように思えてきた。あたしがやったことには、何の値打ちもなかった。そんな暗い考えが沸き起こって、気持ちが沈んでいく。全力を尽くした? それが何だったの? そもそも、あたしそのものに、何の値打ちもなかった、ってことだよ。誰も、あたしの全力だの感謝の気持ちだの、必要じゃなかったんだから。何をしたところで、最初から、あたしに、値打ちがなかったんだ。 

惨めな気持ちが溢れてきて、心が小さく縮んで、呼吸が浅くなって、涙が出てくる。

クビになったのは1年前。忘れていたつもりでも、まだ最近のことなのだ。

 

 

 

もーねー。

こうなっちゃうとねー。

なかなか、リカバリーできないのよね。

子どもじみた被害妄想と青くさい自意識だって、頭ではわかっていても、悲しくてね。

 

で、ひとしきり泣いたらおなかが空いちゃって。

 顔を上げたら、目の前にロールケーキが!

もはや、いわくつき(になってしまった)料理長のロールケーキ。

 もう夕暮れで、部屋には西日が一杯に差し込んでる。ああ、クリームが溶けちゃう!

慌てて鼻をかんで、お茶を淹れて、ケーキを切った。

やれやれ、って思いながら一口食べて……、思わずケーキを二度見!

やだ、ものすごく美味しい!

 

スポンジが超柔らかいんだけど、きめが細かくてフカフカしてないの。かといって、しっとりじゃないの。ちゃんと、ふわふわなの。とろけるような食感でもなくて、しっかりした質感もあるの。クリームも、美味しいこってり感があるけど、しつこくないの。

あたし、これ丸ごといけちゃうかも!

堂島ロール(も大好きだけど、それ)よりずっと好き。美味しいー!!

マジかー! 嬉しいー! 極上のロールケーキじゃん。

 

食べながら、また涙が出てきちゃった。

これが、間に合わせのお菓子の訳ないじゃん。

ロールケーキはロールケーキだよ。余計な意味なんてないよ。

「間に合わせ」なんて、自分で勝手につけただけだ。

意味をつけちゃうなんて、ばかばかしいよ。

そう思えてきて、可笑しくて笑い泣きしちゃった。

 

そもそも、あの料理長が場外(馬券売り場)じゃなくて、伊勢丹に行ったんだよ。ってか、ホワイトデーとか覚えてたんだよ。すごくない? 

で、買ってきたのが、こんなに美味しいロールケーキ。すんごいグッジョブじゃない?

 

ロールケーキがあまりに美味しくて、ものすごく前向きな気分になってきた。

 

はっきり言うけど、料理長は、あたしのために、ケーキ買ってきたんだよ。

ってことは、よ。あたしって、それなりに値打ちがあるんじゃない?

もしかしてだけど。

 

ああ、ロールケーキ美味しい。嬉しい。西日までが優しく暖かくって、幸せな気分になってきた。

 

第一、クビになったのって、今のあたしの値打ちと何か関係ある?

今のあたしは、料理の仕事をしてて、ちょっと出来が悪くて、でもそんな毎日をブログに書いて楽しんでて、チョコを渡したくなる先輩や上司がいて、あろうことか、憧れの料理長(かっこいい)にロールケーキ貰ってこうして食べてるのよ。クビになったとか、お金がないとか、もう、どうでもよくない? 美味しく食べる邪魔になるだけよ。そりゃあね、あたしに値打ちを感じない人はあたしをクビにするでしょうよ。でもね、今のところはね、この美味しいロールケーキを貰える程度には値打ちがあるのよ、あたしだって。そこを見誤っちゃダメよ、富士子。だいたいから、どうして、クビになったからって、値打ちがないってことになるのよ? バカじゃないの? 女社長は人の値打ちを決められるほど偉かったの? 神様なの? あんたは信者なの?違うじゃない! クビになったくらいで、卑屈になるんじゃないわよ、富士子! 

 

あまりに美味しくて、前向きどころか強気になってくる始末。

このまま、ジョギングでもしてくるかっ! ってくらい、パワーがみなぎってきた。

 

で、ゆっくり時間をかけてロールケーキを味わって、気が付くと3分の2本も食べちゃって、すっかりお腹も気持ちも満たされて、そのまま昼寝をしました。なんだか幸せな気持ちで、うとうとしながら「このまま死んで、天使になってもいい」って思いました。

 

で、すごく寒くて目が覚めて、気が付いたら朝でした。

 

 

 

猛烈に、アップダウンが激しかった、あたしのホワイトデー。

古傷を抉っておきながら、幸せな昼寝に導いてくれたロールケーキ(と料理長)。

ちょっと、忘れられない一日になりそうです。

 

翌日、当たり前のことながら、当の料理長は全く持って普段どおりで、金髪バイトの天使くんと「火属性のキャラがどーのこーの」とパズドラの話で盛り上がってました。

すべて世は事もなし。

 

 

思い出したくない過去やどうしようもない自己嫌悪って、振り払ってもまとわりついてくる面倒なものだよね。そんな時は、美味しいものを食べるのがおススメです。思い切り泣いてお腹が空いた後だと、効果的です。

美味しいものは人生の伴侶。これ、マメ知識ですよ。

 

明日もバイトだー。

こんな時間になっちゃった。寝よう。