読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、バーでもバイト!

ふー。
今日は、厨房とバーのバイトよ!


なのに!
坐骨神経痛で、左足が痛い今日この頃。
気圧のせいなのか、梅雨に入って悪化したわ。とほほー。


日雇い(に近い)フリーターの富士子(45歳)です。
バイト掛け持ちで小銭を稼いでいます。


サラっと書いてみましたけど、あたしね、バーで働いてるの。

どうよ?
ちょっと凄くない?

45歳で、夜の蝶デビューしたのよ!わーお!


バー、って言うとさ。

棚に洋酒がたくさん並んでて、カウンターとボックス席がいくつか、
暗めの間接照明にジャズなんか流れちゃって、
カウンターの中には、妙齢のママがマドラー片手に微笑んでる。
もしくは蝶ネクタイの男性が執事っぽく佇んで、シェイカーなんぞを振っている。

っていうイメージじゃない?

ちょっと昭和過ぎるかしら?

今どきのバーは、きっと、夜の色気とか正装感とかはあまりなくって、
友達同士が気軽にお酒を楽しめるような、カジュアルなお店かもしれないわね。


ま、どっちにしても、よ。

あたしのバイト先は、そんな雰囲気のバーじゃないわ。
そういうバーだったら、未経験の45歳は雇ってくれないと思うの。


じゃ、富士子は一体どんな店で働いているのか?

ズバリ!

新宿ゴールデン街のお店です。


…………マメ知識コーナー 新宿ゴールデン街とは………………………
1950年ごろに闇市が移転してきたのが始まりで、飲食店の名を借りた盛大な売春街だったエリアです。売春防止法施行後に、ゴールデン街の名前がついたのですが、「ゴールデン?どこが?」って首を傾げたくなる、狭くて古い小さな建物が密集してる。売春街時代は、1階でお酒飲ませて2階で商売して、3階は店主が住んでたそうよ。1970年代は、小説家や編集者や映画監督が多く集まって酒を飲み、そこかしこで議論や喧嘩が絶えず、素人さん一見さんは入りにくい街だったみたい。今は、外国人観光客がわんさかやってくる!そこに目をつけた、一見さん向けのカジュアルなお店もできたけど、妖怪みたいなママも未だ健在。簡単に流行に乗らない・乗れない個性の強さは、ゴールデン街で飲んだり飲ませたりする人たちの持ち味よ。
………………………………………………………………………………………………

 

でね。

あたし、多分、妖怪枠で採用されたと思う。
雇ってくれたママは、あたしより一回りも若くて、この街で10年も生きてきた人。
お金儲けよりも、自分のスタイルや直感を大事にしてる。


そんなママだから、あたしの

「ここで雇って!」

っていう叫びを、

「あ、いいですよ(妖怪枠で)」

って、すぐに聞いてくれたんだと思うわ。

 


問題は、この時のママの直感が、あんまり鋭くなかった、ってことかな。


だってー!

お酒の種類が、覚えらんないのよー!
氷を割るとか、メジャーでお酒を量るとか、作業もトロいのよー!
灰皿を換えるタイミングすら、とんちんかん。


キャラが妖怪なのは良いとしても、お酒はちゃんと出さないと!

そこには厳しい、うちのママ。

連夜、しごかれてます。


今夜は、アイスピックで指を刺しませんように。

がんばります!