読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

厨房で働くキッチン男子は、一体どんな人たちでしょうか

 

あたしは、厨房で働く男子を「キッチン男子」って呼んでます。

で、厨房で働くキッチン男子とは、一体どういう人たちなのか。

ずっと販売や営業事務系の仕事をしてきたので、仕事で知り合う男性は、外交上手な営業タイプが殆どでした。 45歳になって厨房バイトを始めたら、まったく違う人ばかりで超新鮮!

 

で、キッチン男子は、どういう人たちなのでしょうか?

バイト先のことしかわからないけど、ひとまずGO!

 

厨房で働くキッチン男子は、料理の腕前はそこらのオフィス男子よりぐっと上です。が、スキルのレベルは、働く厨房次第。大手ファミレスの厨房だったら、段取り良く盛付けて出すとか、オーダーを手際よくさばく、って能力のほうが、白髪ねぎを刻む技術より優先されそうだけど、あたしのバイト先では、まかないも作るので、みんな、普段の料理もおのずと上手になるらしい。

 

で、みなさん、圧倒的に職人気質です。ベテランになると高価なマイ包丁を愛用し、随時自ら研いでます。厨房の仕事はチームプレイではありますが、基本、全員シングルプレーヤー。ホールなんかだと、繁忙期の激混み店内をみんなで捌いた!なんてときは、チームの一体感があるらしいですが、うーん…、うちのキッチン男子は、とことんクールだろうな。もくもくと職務をこなして、片付けて帰る。みたいな。

 

リスペクトされるのは、仕事が速くて、周囲を散らかさずスマートに作業をし、きれいに仕上げる人です。社員かバイトかといった身分や、年齢などは関係ありません。もちろん、長幼の序や上下関係はありますが、仕事の才能への敬意はそれとは別。その辺も、すごく職人っぽい。

 

性格的なことで言うと、内気で優しい繊細な人が多い気がする。これ、実は料理のカテゴリーによって違いがあるのではないかと。イタリア料理店なんかだと、目線をバッチリ決めたキッチン男子がフェイスブックにガンガン顔出ししてたりします。料理長自ら笑顔をUPしてたりして、さすがジローラモの国!って感じ。全員日本人なんだけど。その点、和風居酒屋であるあたしのバイト先は、全員が高倉健と言っても過言ではない。フェイスブックなんて、更新すらしてない。不特定多数に向けて「この秋の新作料理です、みんな食べに来てね」なんてアピールするヒマがあったら、海老の殻でも剥いていたい、って感じです。自らの魅力をアピールして前に出て行って売り込んでいく、っていう発想があんまりなくて、気恥ずかしい、っていう内気さがあります。自分、不器用ですから。この辺のイタリアンとの違いは決定的で、この不景気においては相当不利なのでは、とおばちゃんはやきもきしてます。

 

とはいえ、厨房で働こうと考える男子は、イタリアンであれカフェであれ居酒屋であれ、照れ屋で真面目な努力家が多いんじゃないかな。山羊座キャラ。じゃないと、あんな地味な作業をコツコツ丁寧にできないし、上達するはずもない。いつか独立したいとか、うまくいけば儲かるとかいった野心もあるだろうけど、料理を作って食べさせることを仕事に選ぶ心根には、優しさと照れが隠れているんじゃないかと思います。

 

それと、おとなしい人が多いんじゃないかな。「俺が俺が」と目立ちたがったり、権利ばかりを主張したり、社内政治に長けたような人は見当たらない。そもそも、政治が入り込む余地がない職人の世界だし、真面目に技術を上げることが一番値打ちのあることだからね。ハードな環境を若さで乗り越えて、お金をためて自分の包丁を買って頑張る子もいるし、新人をちゃんと育てて可愛がる先輩もいる。長く働いている人ほど、そういう傾向があると思う。

やっぱり、キッチン男子は、真面目な努力家率が相当高いと思うわ(富士子調べ)。

 

もちろん、どんな業界にも、真面目な人もいい加減な人もいるので、あくまで傾向として、の話です、念のため。

 

 でもって、あたしはキッチン男子の真面目な職人気質が大好き!

女の子も、もっと厨房で働いてみて欲しいと思ってます。

 

 

明日はクリスマス本番! バイト頑張ります。