裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

おばさんバイト、新宿二丁目の友達を語る

 

バイト生活で糊口をしのぐ、富士子(45歳)です。
居酒屋の厨房で仕込みのバイトを始めて、はや半年。


仕込みのバイトだけでも、ヒイヒイ言っているのに…
なんと、居酒屋のホールでも働き始めました。

新宿三丁目の歴史ある寄席、末広亭そばの「しゃかりき」(仮名)っていうお店。

で、初日のデビュー戦、いきなりビールグラスを派手に割りました。
2個ほど。

いやー、手を怪我しなくて、良かったー!
ラッキー!


じゃないッスよね…。

ごめんなさい。反省してます。
今後、気をつけます。

 

「しゃかりき」(仮名)は、あたしの知り合いがやっている居酒屋さん。

どこ方面の知合いかって言うとね。

世界に名だたるゲイタウン、新宿二丁目の知合いなのよ!


都会で働く女性にとって、いなくてもいいけどいればありがたいのが、ゲイの友だち。
これって、実は世界共通のひそかな常識よ。

だってね。

女の人生を考えてみて!


中学高校時代は、無邪気に誰とも仲良しだった私もあなたも、
大学を経て彼氏が出来て、やがて就職をするわけでしょ。

結婚するだのしないだの、仕事辞めるだの続けるだの、子どもはどうする問題だの、
20代で色んな選択肢が降りかかってくるわけよ。

あれこれ悩むうちは、仲良しの私とあなたでいられたけど、
それぞれに違う選択をしていくうちに、だんだん、違う道を歩むようになるわけ。

仕事一択キャリアウーマン路線、あっさり専業主婦路線、共働きの子育て路線…。

キャリアウーマン路線は、自分の資質と仕事が合っているのか悩んだり、男子ほど評価されない現実にぶち当たったり、長引く不倫に消耗したり、その路線ならではのしんどさがあるわけ。

あっさり専業主婦路線も、子どもの進学にハゲが出来るほど悩んだり、深刻なセックスレス問題に破れかぶれになったり、夫の愛人騒動に追い討ちをかけられたり、色々あるわけ。

共働き路線だってね、時間に追われて自分を見失いがちだったり、子どもに目配りが行き届かなくて学校の先生に怒られたり、そうまでして働いてても子持ちは評価低かったり、もちろん、セックスレス問題はこの路線でも定番で、悩みは尽きないわけ。

結婚してれば、不妊治療を始める子もいるし。

30代にもなれば、それぞれに、得たもの、失ったものがはっきりしてきちゃう。
で、失ったもの、得られなかったものが諦められなかったりするのも、また30代。

順調なのか不調なのかよくわからないし、不安がないと言えば嘘になる。
女の人生すごろく真っ最中の、不安定シーズン。


こういう時期ってね。

うっかり本当の悩みを打ち明けづらかったりするのよ、女同士って。

本音でしゃべってると、思わぬ一言が痛恨の一撃だったりするからね、お互い。


心ならずも、相手の繊細な部分を傷つけちゃうかもしれない。

思いがけず、自分の弱い部分が傷ついちゃうかもしれない。

 

結局「大事な友達だからこそ、つかず離れずが一番いい」ってことになりがち…。
久しぶりに会っても、当たり障りのない近況報告になっちゃったり、ね。
それが、ちょっと寂しかったりして…。

ふうー…。

 

そんな、酸いも甘いも苦いも食らわざるを得ない、人生の怒涛シーズンにこそ!

はい、ゲイの友だちの登場ですよ!


何の気負いもてらいもなく、二丁目で待ち合わせして、ガーッと酒飲んで、
やってらんないのよー!!(仕事が、世間が)って、管を巻く!


二丁目で知り合ったゲイ友なら、そもそも自分で飲み歩くだけの経済力はあるわけよ。しかも、ノンケ男と違って、こっちがボトルを入れたところで「女の癖に」とか、いちいち思わない。

その上、年齢が近ければ、仕事の悩みもわりと共通してる。
社会的には男性だけど、目線は女性だったりするから、
「こんな同僚(女子)、こんな上司(男子)にウンザリ」
っていう愚痴も、もう、バッチリ理解してくれるわけ。

調子に乗って毒を吐いてると、「あんたも相当ヤな女だけどねっ!」って釘を刺してくれるのも、ゲイ友のありがたいところね。

 

セックスレス問題ときた日には、もう、大喜びで聞いてくれちゃう。
「夫婦110番」の時間よーっ!
って、知らない人まで回答を寄せてくれて、異様に盛り上がります。

 

その上ね、子どもネタも、結構イケるのよ。
自分たちが子どもだったときのエピソードを聞かせてくれて、
「それでもこうして立派に育ってるのわよ」、って励ましてくれたりして。
「立派」って、結構、意味が広いんだわ、って気づかされます。

 

仕事と家事の両立、なんて苦労も、「へえー大変だけどあんた幸せじゃないがんばりな」って、すんごく気のない感じで励ましてくれるわけ。その「どうでもいいんだけど、一応ねぎらってあげる」っていう励ましを聞いてると、本当にどうでもよくなってくるから不思議!
「自分で選んだんだし、しょうがないじゃない」って、身も蓋もないこと言われもするけど、変えようもない現実は受け入れるしかないよね、って、素直に思えてくるのよ。


もちろん、ファッションや音楽、お得なお買い物情報、お料理や洗濯と言った家事ネタ、あらゆる雑談を、いつまでもしゃべり続けてられるわよ。
女のおしゃべりは長いからねー。エンドレスよー!


そんなわけで、とってもありがたいんです。ゲイの友だち。


もちろん、ゲイ友一人ひとりだって、人生の酸い甘い苦いを経験してるし、
もしかしたら、その辺の女子以上のシンドさを抱えてるんだと思うわ。

 

だから、わかるわかる、って共感しあう癒し効果を、強く感じてるのかもしれないわね。

 

それに、女子とゲイとは似通ってるところが多いとはいえ、やっぱり性別が違う。
だから、あまり競合しないのよ。
お互い、僻んだり妬んだりすることがないの。
わりと無責任に、お互いを励ましたり褒めたり、時には貶したりして、楽しんでるの。


あたしは、結構、大事にしてます。ゲイ友。
彼らとは、かれこれ15年以上のつきあい。
二丁目に出向かなくても、家飲みで人生を語り合う熟成期に入ってます。

 

 

でもって、あたしの夜のバイト先「しゃかりき」(仮名)。

超働きやすいです!

先輩方もゲイ率が高くて、当然ハートは女子。
ヒマなときのお喋りも、超楽しい!

 

問題はね…。

肝心の仕事が、すごく辛いっ…!ってことです。

メニューを覚えられないし、ホールで注文取るのに、すごくテンパってる。
生ビールを注ぐのが、すんごく苦手。泡ばっかり。
チューハイやらハイボールを作るとか、もう、ホント無理。


でもね、せっかくだからね、頑張ります…。

 

それからね、セックスレスとか子どもの悩みとか、あたし個人のことじゃないですよ。
念のため。
いや、ホントに!


今日のバイトは、厨房の仕込です。


きゃー!
料理長(かっこいい)ー!
待っててねー!
あたし頑張るからー!!

(二丁目モード)