読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の厨房で反省してます

許して キッチン男子

金髪のキッチン男子、天使くんの魅力

 

新宿は雪が降りました。寒いッス!

 

居酒屋でバイトしてる富士子(45歳)です。

厨房では、ダントツの最年長。孤高の一匹狼(牝)。

 

他のキッチン男子は、20~30代ですから、富士子は浮きまくりの毎日なのですが、

最近、ほんのちょっとね、みんなと馴染んできた感があります。

 

とりわけ嬉しいのはね…。

金髪のキッチン男子・天使くん(33歳)と、普通に喋れるようになってきたこと!

彼の人となりが、わかってきたことです。

 

彼はね、単に金髪ってだけじゃない。耳にも眉間にもピアスしてる。

初めて会ったときは「怖いよーっ」って思いました。→ 金髪で怖いキッチン男子

天使くん、興味のないことにはまるっきり無反応で、当然あたしのことは眼中にない。

最初の二ヶ月間は、口を利くどころか、目すら合わせてもらえませんでした。マジで。

あたしは、恐怖のあまり、極力目立たないように息をひそめ、咳もクシャミも我慢して、気配を消して、エラ呼吸してました。マジで!

当時の、気の毒な富士子の様子は → おばさんの居場所は暗い

 

しかし!

ある事件がきっかけで、空気が変わった!

些細なことであたしがキレて、たまたまその場にいた天使くんに、八つ当たりしちゃった…っていう、ダサい事件。→ キレちゃって反省

あんだけ怖いと思っていた天使くんに、なんで八つ当たりなんていう暴挙に出たのか、自分でも自分の心境を理解しかねますが、なぜかそれ以降、天使くんがフレンドリーに変身。

 

「あんとき、富士子さん、面白かったッスよー」

なんて、笑顔で言ってくれるまでになりました。

おばちゃんがキレる様子が、よっぽど楽しかったみたいです。

珍獣扱いされている気が、しないでもありませんが、まあ、喜んで頂けて良かった。

 

天使くん(33歳)、実は猛烈に仕事ができる人です。

料理長(かっこいい)も頼りにしている。

しかも、よく見りゃイケメン。

怖いと怯えつつも、おばちゃんは興味しんしんで、こっそり彼の様子を伺って、勝手にプロファイリングなどしていたのですが、最近の雑談トークで、彼のミステリーな魅力が明らかになってきました!

 

あたしが最初に注目したのは、彼の超絶リズミカルでかっこいい包丁さばき。

観察していると、身のこなし全般が、無駄がなくて軽やかで、何かのビートやリズムが体に染み込んでいるような、野生的なところがあります。

これ、本当に普通の人と違ってる。何かがズバ抜けている。

 

聞いてみると…

案の定、彼は音楽をやっていました。

しかも、ピアノ以外の楽器なら、殆どこなせるんですってよ、奥さん!

実際、見ていればわかるのですが、楽器は相当やりこんでいるはずです。

 

で、問わず語りに聞いたところによると、ですな…。

 

20代の殆どを音楽で過ごした(らしい)。

仕事は、今の居酒屋さんが初めて(らしい)。

今のバイトは6年目くらい(らしい)。

 

33歳-6年=27歳 

するってえと、27歳までのお仕事は…?

 

天使くんの才能を信じる、甲斐性のある恋人がいたらしいのよ、奥さん!!

わーお!

やるじゃん!

 

現在も、天使くんは彼女と一緒に暮らしています。

女性を渡り歩いた結果の最愛の彼女なのか、最初から寄り添ってくれた彼女なのか、

その辺は、これからリサーチしますけれどね(せんでいい)。

 

いずれにしてもですよ。

やっぱり、ただの怖い若者じゃなかったです、天使くん(33歳)。

 

音楽は、今はやっていない、って言ってた。

「音楽で食べていくのは難しいから、現実を受け入れないと…」って言ってた。

おばちゃんは、「そうなんですか…」としか、言えなかった。

 

情熱のやり場をどうしているのか、心の折り合いをどうつけたのか、

彼の見事な包丁を見ていると、どうしても音楽が聞こえてくる気がして、

切ない気持ちになってきます。

 

近寄りがたい影があったのは、色んなことがあったからなのかしらね。

真っ平らじゃない、夢も挫折もあった人生。

あたしは、前よりずっと、天使くんが好きになりました!

 

彼には、まだまだミステリーが残っていましてね。

名札に、「横浜暴走天使」って書き入れていることとか。

それを見て、あたしは「天使くん」ってこっそり呼んでるんですが、どこがどう天使なのか、全く持ってミステリーです。

その辺も、引き続きリサーチします!(せんでいい)

 

明日は土曜日! 宴会が多そうだわ。

仕込み頑張るぞー。